News PICKUP【教授等】<考論>ウクライナ支援 国益に直結 慶應大准教授・鶴岡路人氏

朝日新聞

ロシアによる侵攻開始から2年近くとなり、ウクライナがかわいそうだという「情」だけで支援を続けることは難しい。自分たちの国益のためにも支援が必要だという「理」も重要になる。

<考論>ウクライナ支援 国益に直結 慶応大准教授・鶴岡路人氏:朝日新聞デジタル
 ▼1面参照 ロシアによる侵攻開始から2年近くとなり、ウクライナがかわいそうだという「情」だけで支援を続けることは難しい。自分たちの国益のためにも支援が必要だという「理」も重要になる。 日本政府は「法…