News PICKUP【塾高野球部】昨年王者・慶應は期待できる? “センバツ不出場組”夏に向けて「注目したい6校」

【AERA.dot】

忘れてはならないのが昨年夏の甲子園で決勝を戦った慶應(神奈川)と仙台育英(宮城)の2校だ。慶應は小宅雅己(2年)、鈴木佳門(3年)と昨年夏の甲子園を経験した2人の投手が残り、野手も主砲の加藤右悟(3年)が外野から捕手に回り、攻守の中心となっている。

昨年王者・慶応は期待できる? “センバツ不出場組”夏に向けて「注目したい6校」 | AERA dot. (アエラドット)
第96回センバツ高校野球は健大高崎(群馬)が春夏通じて初となる優勝を果たした。高校ナンバーワン捕手の呼び声高いキャプテンの箱山遥人(3年)など力のある野手が揃い、投手もともに2年生ながら佐藤龍月、…