News PICKUP【医学部】慶應大学、iPS細胞と肝細胞分子投与 脊髄損傷治療に

日本経済新聞

慶應義塾大学の岡野栄之教授や末松悠助教らは重度の脊髄損傷に対する治療法を開発し、動物実験で効果を確かめた。iPS細胞由来の神経細胞と特定の分子の両方を投与する手法で、どちらか一方にするより治療効果が高まった。最適な投与量などを今後調べ、実用化を目指す。

慶応大学、iPS細胞と肝細胞分子投与 脊髄損傷治療に - 日本経済新聞
慶応義塾大学の岡野栄之教授や末松悠助教らは重度の脊髄損傷に対する治療法を開発し、動物実験で効果を確かめた。iPS細胞由来の神経細胞と特定の分子の両方を投与する手法で、どちらか一方にするより治療効果が高まった。最適な投与量などを今後調べ、実用化を目指す。交通事故や高所からの転落などによって首などが圧迫されると神経の通る脊...