News PICKUP【医学部】肝臓細胞の移植、血管作る微粒子で定着しやすく 慶應大

【日本経済新聞】

慶應義塾大学の長瀬健一准教授らは、肝臓の細胞でつくった細胞シートを体内に移植する際に定着しやすくする技術を開発した。肝硬変などの病気の肝臓に細胞シートを移植する再生医療の開発に役立つと見込む。

慶応義塾大学、肝臓細胞の移植を血管作る微粒子で定着しやすく - 日本経済新聞
慶応義塾大学の長瀬健一准教授らは、肝臓の細胞でつくった細胞シートを体内に移植する際に定着しやすくする技術を開発した。肝硬変などの病気の肝臓に細胞シートを移植する再生医療の開発に役立つと見込む。血管ができるのを促進するたんぱく質を含む生分解性のナノ(ナノは10億分の1)メートルサイズの微粒子を開発した。微粒子は体内で徐々...