News PICKUP【教授等】中東情勢はどうなるのか?慶應大学教授が緊急解説

【マネックス証券】

日経平均は41,000円に近い水準から一時37,000円近くまで下落しました。株価下落の要因として、イランとイスラエルが相互に攻撃するなど中東情勢が緊迫化したことにより、リスクオフムードが広がったことが挙げられています。本コンテンツでは中東政治の専門家である慶應義塾大学教授の錦田愛子氏をお招きして中東情勢の今後の見通しについてお話を伺いました。

中東情勢はどうなるのか?慶応大学教授が緊急解説
日経平均は41,000円に近い水準から一時37,000円近くまで下落しました。株価下落の要因として、イランとイスラエルが相互に攻撃するなど中東情勢が緊迫化したことにより、リスクオフムードが広がったことが挙げられています。本コンテンツでは中東政治の専門家である錦田愛子氏をお招きして中東情勢の今後の見通しについてお話を伺い...