News PICKUP【塾生】慶大医学部4年生の二刀流小説家・坪田侑也さん、15歳で新人賞受賞も…味わった苦悩と挫折、2作目までに5年の歳月

【スポーツ報知】

小説家で医学生。自身2作目となる小説「八秒で跳べ」(文芸春秋、1870円)の著者・坪田侑也さん(21)は、異色の経歴を持つ作家だ。中学生の時に書いた小説で、15歳にしてボイルドエッグズ新人賞を最年少(当時)で受賞。現在は慶大医学部の4年生で勉学に励む日々だ。天が二物を与えたもうた慶應ボーイ、天才街道まっしぐらな人生かと思いきや、その実情は全く逆。今作は深い悩みと挫折の末に生み出された小説でもあった。

慶大医学部4年生の二刀流小説家・坪田侑也さん、15歳で新人賞受賞も…味わった苦悩と挫折、2作目までに5年の歳月 - スポーツ報知
 小説家で医学生。自身2作目となる小説「八秒で跳べ」(文芸春秋、1870円)の著者・坪田侑也さん(21)は、異色の経歴を持つ作家だ。中学生の時に書いた小説で、15歳にしてボイルドエッグズ新人賞を最年少